脳梗塞の症状を把握|発症を防いで病魔から逃れる

病院

血液循環を促進して防ぐ

医者

前触れとは

三大疾患とも呼ばれる脳梗塞は症状も重たく、ひどい場合には後遺症が残るとも言われています。ただ脳梗塞の場合には、前兆としての症状がわかりやすい点もあるので、日ごろから少し注意を払うだけで大きく変わってきます。脳梗塞の前兆の症状として、まずよく見られるのが歩行が困難になることです。また会話の際にもろれつが回らない、もしくは聞きとりにくいなどの症状などもよく前兆として見られる傾向にあります。文字をうまく書けなかったり、乗り物を運転する際にふらついたりなどの症状が見え始めたら、脳梗塞の前触れかもしれないので注意が必要です。

食生活と水分補給を

脳梗塞の前兆と思われる症状が見られた時には、すみやかに近くの医療機関で診察を受けましょう。脳梗塞を放置しておくと、脳への血液循環が阻害されるため、脳の細胞の壊死が進んでしまいます。取り返しの付かない状態になる前に速やかに治療に入りましょう。脳梗塞の検査としては、MRI撮影や血液検査、心電図の確認などが行なわれます。脳梗塞だと判明すると治療に移りますが、代表的な治療としては薬物療法があります。脳梗塞の原因である、血栓のつまりを溶かす薬や脳を保護する薬などを服用することで、脳梗塞による負担を軽減してゆきます。ある程度の入院期間と安静期が必要となってくるでしょう。脳梗塞になると、身体にある程度の後遺症が残る可能性があります。そのため、動けるようになってきたら、早目にリハビリをスタートするのが望ましいです。リハビリを始めるのが早いほど、元の生活に戻りやすいと言えるのです。

Associated Link

  • がんのクリニック

    死亡率が高くなっている病気だから検査をしませんか?肺がんの治療を行なっているのがこちらのクリニックです。

生死にかかわる重要な情報

看護師

認知度が低いために実施率が低いのですが、脳梗塞にはt-PA治療が有効です。従って、医療機関は認知度を高める努力を必死にしています。t-PA治療は脳梗塞の原因、血栓を溶かすことができるので、脳梗塞からの回復が期待できます。ただ、発症後4時間半以内に治療を開始しなければならないという決まりがあります。

詳しくはコチラ

脳血管の壁にできる動脈瘤

病院

脳動脈瘤は、脳血管の壁の一部に血液が溜まったものであり、それが破裂してしまうと脳出血が起こるため、最悪の場合死に至る事がある事が分かります。そのため、脳動脈瘤の破裂をさせないための予防的な診療や確実な治療を行う事が大切である事が言えます。

詳しくはコチラ

脳の病気内容

女性

脳は人間の生命維持活動において重要な位置づけとなっていますが、その脳の病気として脳動脈瘤があります。どんなに小さなサイズであっても、早めに検査や治療をしていく必要があります。また何か症状が出たらすぐに病院に行きましょう。

詳しくはコチラ